コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊岡[市] とよおか

百科事典マイペディアの解説

豊岡[市]【とよおか】

兵庫県北部,円山(まるやま)川下流域とその支流出石川流域,竹野川流域を占める市。北端は日本海に面する。1950年市制。中心市街は近世京極氏の城下町として発達。1925年北但馬地震で市街地の70%を焼失した。
→関連項目出石藩

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とよおか【豊岡[市]】

兵庫県北部,但馬(たじま)地方の中心都市。1950年市制。人口4万7742(1995)。市域は日本海の海岸まで広がるが,山陰本線豊岡駅と円山(まるやま)川にはさまれた市街地は河口から12km内陸にあり,豊岡盆地の中央を占める。江戸時代は京極氏の城下町,明治以降は但馬の行政・産業の中枢として発展した。1925年の北但大震災で市街の3/4が焼失したが,これを機会に道路の整備が進んだ。しかし但馬全体の沈滞を反映して,市制施行以降の人口増加は緩慢である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の豊岡[市]の言及

【かばん(鞄)】より

…【青羽 真理子】
[かばん製造業]
 日本におけるかばん製造は,明治維新前後に,皮革職人(馬具師,革羽織職人,袋物職人,革細工職人など)によって始められた。現在の製造業者は,東京,大阪,名古屋といった大都市と兵庫県豊岡市とに全体の9割以上が集中している。豊岡地区はもともと柳行李(やなぎごうり)の生産地であったが,ファイバーを材料とするかばんの製造を始めたのが基になって,今では皮革製品を除くあらゆる種類のかばんを製造している。…

※「豊岡[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

豊岡[市]の関連キーワード山陰海岸国立公園玄武洞神鍋山円山川

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android