コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

怯弱 キョウジャク

デジタル大辞泉の解説

きょう‐じゃく〔ケフ‐〕【×怯弱】

[名・形動]臆病なこと。積極性のないこと。また、そのさま。
「其心志―にして物に接するの勇なく」〈福沢学問のすゝめ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうじゃく【怯弱】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
気が小さくて弱い・こと(さま)。おくびょう。怯懦きようだ。 「心志-にして物に接するの勇なく/学問ノススメ 諭吉

きょじゃく【怯弱】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
きょうじゃく(怯弱) 」に同じ。 「 -なる民族を、責虐せめしいたぐる事をばせで/慨世士伝 逍遥

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

怯弱の関連キーワード響・鄕・享・京・供・侠・俠・僑・兄・兇・共・凶・匡・協・卿・叫・喬・境・夾・嬌・峡・峽・強・怯・恐・恭・拱・挟・挾・教・杏・梟・橋・況・狂・狭・狹・矜・矯・竟・競・経・胸・脅・脇・興・跫・郷・鋏・鏡・響・頬・頰・饗・香・驕・驚学問ノススメ積極性心志

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android