コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長岡[市] ながおか

百科事典マイペディアの解説

長岡[市]【ながおか】

新潟県中部の市。1906年市制。信濃川中流,越後平野南部や栃尾盆地,三島丘陵東側一帯を占め,日本海にも面する。中心市街は江戸時代,牧野氏の城下町,信濃川水運の河港として栄えた。1868年の戊辰戦争で城下の8割を焼失,第2次大戦でも大被害を受けた。全国有数の豪雪地帯であるが,1961年全国初の消雪道路が完成した。信越本線,上越線,越後線,上越新幹線,北陸自動車道が通じ,関越自動車道が分岐する県中部の中心都市である。1982年テクノポリス(技術集積都市)のモデル地区に指定され電気機器,精密機器,一般機器などの工業が盛ん。古くから卸売業の商業活動が盛ん。西部の丘陵地には長岡ニュータウンが造成されて宅地化が進んだ。8月の長岡祭は花火で有名。2005年4月南蒲原郡中之島町,三島郡越路町,三島町,刈羽郡小国町,古志郡山古志村を,2006年1月栃尾市,三島郡寺泊町,与板町,和島村を,2010年3月北魚沼郡川口町を編入。東日本大震災で,市内において被害が発生。891.06km2。28万2674人(2010)。
→関連項目長岡技術科学大学長岡藩

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ながおか【長岡[市]】

新潟県の中央に広がる越後(新潟)平野の南部にある市。1906年市制。人口19万0470(1995)。市域は信濃川の扇状地面に位置する,県中部の中心都市で,上越新幹線,上越線,信越本線が通り,北陸自動車道,関越自動車道,国道8号,17号線の分岐点に当たる交通の要衝をなす。信濃川東岸にある中心市街地は近世,堀直竒(なおより)のあとを引き継いだ牧野氏の城下町として発展し,鉄道開通前は信濃川を利用する六日町~新潟間の中心的な河岸として繁栄した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の長岡[市]の言及

【新潟[県]】より


[沿革]
 県域はかつての越後・佐渡両国全域にあたる。江戸時代末期,越後には高田藩,新発田(しばた)藩,長岡藩をはじめ,三根山,村上,村松,椎谷,与板,糸魚川(いといがわ),黒川,三日市の11藩が置かれていたほか,新潟をはじめとする天領,預地,旗本領飛地が入り組んでおり,金山のあった佐渡は天領であった。1868年(明治1)越後の旧天領を管轄するため新潟裁判所が置かれ,まもなく越後府,新潟府と改称して北部を,新設された柏崎県が南部を管轄した。…

※「長岡[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

長岡[市]の関連キーワード児童雑誌ファリエール鉄筋コンクリート構造ドゥーマ夏目漱石[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門日本郵便制度史(年表)内閣総理大臣バン・デ・ベルデ

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android