(読み)レイ

デジタル大辞泉「麗」の解説

れい【麗】[漢字項目]

常用漢字] [音]レイ(漢) [訓]うるわしい うらら
形が整って美しい。うるわしい。「麗句麗質麗人麗筆麗容艶麗えんれい佳麗華麗奇麗妍麗けんれい秀麗鮮麗壮麗端麗美麗流麗
うららか。「麗日
[名のり]あきら・かず・つぐ・つら・よし・より

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「麗」の解説

れい【麗】

〘名〙 (形動) うるわしいこと。美しいこと。また、そのさま。
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉三「壮厳の美、建築の麗、固と都下の寺域に冠たり」 〔揚雄‐羽猟賦〕

うら‐ら【麗】

〘形動〙 =うららか(麗━)《季・春》
源氏(1001‐14頃)胡蝶「春の日のうららにさして行く竿のしづくも花ぞ散りける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android