Jリーグ(読み)ジェーリーグ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

Jリーグ
ジェーリーグ

日本プロサッカーリーグの通称。 1965年創設の日本サッカーリーグに代わり,プロ化によるサッカーの普及とレベルの向上,地域に密着した活動などを基本理念に,1991年 11月,日本サッカー協会の傘下団体として誕生した。翌 1992年,初の公式戦であるJリーグカップを開催。 1993年リーグ戦が始まった。初年度参加チームは,鹿島アントラーズジェフユナイテッド市原浦和レッドダイヤモンズヴェルディ川崎,横浜マリノス,横浜フリューゲルス清水エスパルス名古屋グランパスエイトガンバ大阪サンフレッチェ広島の 10チーム。 1999年1・2部制を導入し,ディビジョン1 (J1) は 16チームに,2005年からは 18チームとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

Jリーグ

1993年に発足した日本初のプロサッカーリーグ。ホームタウン制を敷き、各クラブは活動の本拠地を定めている。「Jリーグ百年構想」を掲げ、地域に根ざしたスポーツクラブを目指しており、サッカー以外の競技チームをもつクラブも増えている。当初は10チームでスタートしたが、徐々に拡大して2006年シーズンは、1部(J1)18チーム、2部(J2)13チーム。J1の試合は、2回戦総当たりリーグ戦(優勝賞金2億円、2位1億円〜7位1000万円)、カップ戦のヤマザキナビスコカップ(優勝賞金1億円、2位5000万円、3位2000万円)がある。またJ1優勝チームと天皇杯優勝チームによるゼロックススーパーカップ(優勝賞金3000万円、準優勝2000万円)も行われている。J2のリーグ戦(優勝賞金2000万円、準優勝1000万円)は、12チームによる4回戦制で年間順位を決定する。1995年に620万人を記録したJ1の観客動員数は、2000年度には266万人まで落ち込んだものの、ワールドカップの開催を契機に再び増加。05年シーズンは574万人、1試合平均1万8765人となっている。なお、浦和レッズが総合スポーツ施設として「レッズランド」を造るなど、「百年構想」を具体化するクラブも現れている。

(西部謙司 サッカージャーナリスト / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

ジェー‐リーグ【Jリーグ】

日本のプロサッカークラブを統括する公益社団法人日本プロサッカーリーグ、および同法人が運営するプロサッカーリーグの略称。公益財団法人日本サッカー協会(JFA)の傘下団体として、平成5年(1993)に10チームで発足した。平成11年(1999)にJ1J2の2部リーグ制を導入。平成26年(2014)に3部に相当するJ3リーグを設立。J1下位とJ2上位の2ないし3チーム、J2下位とJ3上位1ないし2チームが入れ替えられる。
[補説]加盟クラブチームおよび編成(平成31年3月現在。*印はリーグ発足時からのチーム)
J1(18クラブ)
北海道コンサドーレ札幌
ベガルタ仙台
鹿島アントラーズ
浦和レッドダイヤモンズ
FC東京
川崎フロンターレ
横浜F・マリノス
湘南ベルマーレ
松本山雅FC
清水エスパルス
ジュビロ磐田
名古屋グランパスエイト
ガンバ大阪
セレッソ大阪
ヴィッセル神戸
サンフレッチェ広島
サガン鳥栖
大分トリニータ

J2(22クラブ)
モンテディオ山形
水戸ホーリーホック
栃木サッカークラブ
大宮アルディージャ
ジェフユナイテッド市原・千葉
柏レイソル
東京ヴェルディ
FC町田ゼルビア
横浜FC
ヴァンフォーレ甲府
アルビレックス新潟
ツエーゲン金沢
FC岐阜
京都サンガF.C.
ファジアーノ岡山FC
レノファ山口FC
徳島ヴォルティス
愛媛FC
アビスパ福岡
V・ファーレン長崎
鹿児島ユナイテッドFC
FC琉球
※発足時のチームの一つである横浜フリューゲルスは、平成11年(1999)に横浜マリノス(現、横浜F・マリノス)に吸収合併され消滅。

J3(15クラブ+U-23チーム)
ヴァンラーレ八戸
いわてグルージャ盛岡
ブラウブリッツ秋田
福島ユナイテッドFC
ザスパクサツ群馬
横浜スポーツ&カルチャークラブ(Y.S.C.C.)
SC相模原
AC長野パルセイロ
カターレ富山
藤枝MYFC(マイエフシー)
アスルクラロ沼津
ガイナーレ鳥取
カマタマーレ讃岐
ギラヴァンツ北九州
ロアッソ熊本
FC東京U-23
ガンバ大阪U-23
セレッソ大阪U-23
※U-23(アンダー23)チームは、J1・J2の各クラブからのセカンドチームで、23歳以下のメンバーで構成される。平成31年(2019)シーズンは3チームが参加。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

Jリーグ【ジェーリーグ】

1991年に設立されたサッカーのプロリーグ。正式名称は日本プロサッカーリーグ(Japan Professional Football League)。初代チェアマンに川渕三郎が就任。日本サッカー協会(JFA)主催。J1・J2の二部制。地域に根ざした総合スポーツクラブをめざし,各地にホームタウンを置き,参加チームには法人化,1万5000人以上収容のスタジアムの確保,年齢層ごとのチーム保持などの条件のクリアを求めた。当初10チームが参加したが2年目以降下部組織のジャパン・フットボールリーグ(JFL)からの昇格,正式加盟チームを加え,2005年現在J1・18チーム,J2・22チーム。日本初のプロ・サッカーリーグとして競技レベルの向上やサッカーの人気上昇に貢献したが,過密スケジュールやカップ戦をふくめた大会数の多さ,入場者数の伸び悩みなど多くの問題・課題を抱える。
→関連項目トトカルチョ中田英寿三浦知良

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

パラグライダー用語辞典の解説

Jリーグ

ジャパンリーグのこと。JHFパラグライダー競技委員会が推進する年間を通した日本のパラグライダーのランキングを決定するリーグのこと。

出典 パラグライダー用語辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジェーリーグ【Jリーグ】

(社)日本プロサッカーリーグ(Japan Professional Football League)の略称。〈ジェイリーグ〉とも。 1964年の東京オリンピックのあと,コーチであったクラーマーD.Cramerの提唱で他のボールゲームにさきがけて日本サッカーリーグ(JSL)がスタート(1966)し,68年のメキシコ・オリンピックで銅メダルを獲得したが,その後プロが主流の世界のサッカーに追いついていけず,ワールドカップ,オリンピックにはアジアの予選で敗退しつづけた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ジェー‐リーグ【Jリーグ】

(Japan Professional Football League の略) 「日本プロサッカーリーグ」の略称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

Jリーグの関連情報