コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しゅん シュン

デジタル大辞泉の解説

しゅん

[副]しょげかえって声も出ないさま。元気をなくして沈んでいるさま。「こっぴどくしかられてしゅんとなる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

しゅん
しゅん / 旬

魚貝類、野菜類、キノコ類、海藻などの味が最高潮で、数量も多く出回るときのものを「しゅん」という。しゅんは、夏のアユ、冬のマグロというように、ものによってそれぞれの時期がある。カツオのような回遊魚は鹿児島では1月、伊豆・相模(さがみ)では初夏のころとなる。キノコ類は秋にしゅんのものが多い。海のカキは冬にしゅんとなるものが大半であるが、北陸方面の海には種類の違うものがあって、夏ガキを賞味できる。[多田鉄之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

しゅんの関連キーワード井上因碩(6世)井上因碩(7世)ヤロビザーチヤ仏日燄慧禅師身替り お俊後藤梧桐庵古高俊太郎多田鉄之助吉雄常三伊藤祐春鹿鳴探春宮川春水堀親賢妻吉雄南皐坪井芳洲土肥春曙坪井為春唯我韶舜公羊伝火口壁

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しゅんの関連情報