コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぴしゃり ピシャリ

デジタル大辞泉の解説

ぴしゃり

[副]
戸・障子などを勢いよく閉めきる音を表す語。「ふすまをぴしゃりと閉める」
手の平などで強く打つ音を表す語。「横っ面をぴしゃりとひっぱたく」
水などがはね上がるさま。「車に泥水をぴしゃりとかけられる」
まったく受け入れないさま。容赦なく拒むさま。「要求をぴしゃりとはねつける」
少しの食い違いもなく合うさま。「ぴしゃりと言い当てる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぴしゃり

( 副 )
(多く「と」を伴って)
戸・障子などを手荒くしめるさま。また、その音を表す語。 「ガラス戸を-と閉める」
平手で勢いよく打つさま。また、その音を表す語。 「 -とほおを打つ」
水などのはねるさま。また、その音を表す語。 「 -と水しぶきが上がる」
することに遠慮がなく、しかも相手に反撃の余地を与えないさま。 「要求を-(と)ことわる」 「反撃を-とおさえる」
正確で少しの狂いもないさま。ぴたり。 「計算が-(と)合った」 「むずかしいわざを-と決める」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ぴしゃりの関連キーワードスラプスティックどんぴしゃりぴしゃっとどんぴしゃぴちゃんびしっとぴしゃん手の平ふすま(麩)横っ面ぴしり障子泥水

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぴしゃりの関連情報