コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぽっと ポット

デジタル大辞泉の解説

ぽっ‐と

[副](スル)
突然に物事が現れるさま。「考えがぽっと浮かぶ」
急に明るくなったり、赤くなったりするさま。「電灯がぽっとつく」「ぽっとほおを染める」
ぼんやりしているさま。ぽうっと。「ぽっとして見ている」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぽっと

( 副 ) スル
急に飛び込み、または、飛び出すさま。ぱっと。 「 -道路にとび出す」
灯火がともったり、日がさしたりするさま。 「 -灯がつく」
顔がほんのり赤くなるさま。 「顔を-赤らめる」
世間知らずでぼんやりしているさま。ぼうっと。 「母親に甘やかされて-育つたる世間知らずの上に/いさなとり 露伴

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ぽっとの関連情報