コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オゾンホール オゾンホール ozone hole

翻訳|ozone hole

5件 の用語解説(オゾンホールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オゾンホール
オゾンホール
ozone hole

南極上空の成層圏オゾン濃度が9月から 10月にかけて異常に減少する現象。日本の第 24次南極越冬隊 (1982) による昭和基地での観測において,10月ごろにオゾン濃度が異常に低いことが発見され,また 1985年にはイギリスの J.フォーマンらが 75年ごろから毎年 10月になるとオゾン全量が減少していることを発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

オゾン‐ホール(ozone hole)

オゾン層の濃度が、南極大陸北極圏の上空で春(南極は9~10月、北極は3~4月)に急激に下がり、穴があいたようになる現象。また、その部分。オゾン分子を破壊することによって起こり、地球温暖化をもたらし、皮膚癌(ひふがん)を引き起こす。原因は、大気中に放出されたフロンガスが有力とされる。
[補説]オゾンホールは1980年代に南極大陸の上空で初めて確認された。北極は、海陸の分布が複雑なため成層圏の気温が南極よりも高く、オゾン層の破壊に密接にかかわる極成層圏雲が発達しにくいことから、大規模なオゾンホールは観察されなかったが、2011年、北極圏上空でも南極に匹敵する規模のオゾンホールの存在が確認された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オゾンホール

電子基板などの洗浄で使用されていたフロンガスの影響などにより,成層圏のオゾン層がこわされた状態をいう。特に南極の春(8月から11月ごろ)に顕著。
→関連項目オゾン層オゾン層破壊極成層圏雲

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

オゾンホール【ozone hole】

成層圏のオゾン層に形成される、オゾン濃度が穴の空いたように激減した部分。特に南極上空で著しいが、近年は北極や中緯度地域でも生じており、人体や生態系への影響が問題となっている。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オゾンホール
おぞんほーる
ozone hole

南極上空でオゾン層のオゾンが急速に減少している場所。オゾン層は地上10~50キロメートルの成層圏にあるオゾン濃度の比較的高い層で、地上生物を太陽の紫外線から保護している。この成層圏の大気中に含まれるオゾン総量のみに着目すれば、南極上空で春先9月から10月にかけてオゾン総量の急激な減少がおこり、ぽっかり穴があいたようにオゾンの少ない領域が出現している。この領域をオゾンホールとよんでいる。
 この南極のオゾンホールの現象は、1982年(昭和57)昭和基地で南極観測中に初めて発見されたものである。南極の春先の成層圏オゾン量が前年の春に比べて急減していることが観測されたが、その後、南極各地の観測で上述の事実が確認され、最終的には85年アメリカの気象衛星ニンバス7号により、春先の成層圏におけるオゾンの急激な減少は、南極全域にわたる現象であることが確認された。
 オゾンホールの原因として、南極の春先に成層圏の気温が零下90℃近くまで下がり、そこに極成層圏雲(おもに氷の微粒子などからなる雲、PSCという)が発生し、その表面でフロンから分離した塩素によってオゾン破壊が促進されるものと考えられている。また、近年北極上空の冬にも、オゾン濃度の減少が観測され、注目を浴びている。1990年代になると、年とともに南極の春のオゾンホールの面積は拡大し、98年9月上旬から10月にかけての衛星観測では7年連続して大規模なオゾンホール(北アメリカ大陸ほどの大きさ)が観測されている。99年10月にも同じような大規模オゾンホールが観測されたが、98年に比べ大きさは少しばかり減少した。これは南極上空の気温が前年に比べ相対的に高く、そのためオゾン層の破壊が少なくなったためと考えられている。年によるオゾンホールの大きさの変動については、南極上空(高度15~20キロメートル)の気温が相対的に低いときには大きくなり、高いときには小さくなる傾向があることがわかってきた。
 オゾン層が破壊されると、地球上に注がれる紫外線の量が増加し、地球環境に深刻な影響を与える。オゾン層は生物を紫外線から保護しているため、オゾンホールの拡大は、皮膚がんの増加、農作物、気候などへの影響が考えられる。[岸保勘三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オゾンホールの関連キーワードオゾン層南極大陸オゾン層保護法オゾン層破壊オゾン層保護条約オゾンゾンデビデオゾンデオゾン層保護のための国際デーオゾン層の破壊と皮膚がん南大洋

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オゾンホールの関連情報