コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カキ(牡蠣)

3件 の用語解説(カキ(牡蠣)の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

カキ

 カキ目の二枚貝で,広く世界的に食用になっている.マガキgiant Pacific oyster, Japanese oyster)[Crassostrea gigas],スミノエガキ[C. ariakensis],イワガキ[C. nippona],イタボガキ[Ostrea denselamellosa],ヨーロッパヒラガキ(European flat oyster)[O. eudlis]などいくつかの種を食用にする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カキ(牡蠣)【カキ】

イタボガキ科の二枚貝の総称であるが,マガキを指すことも多い。左殻は大きくて深く,岩に付着し,右殻はやや小さく,ふくらみは弱い。形は付着生活のため一定しない。殻表の成長脈は板状に発達してあらい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カキ【カキ(牡蠣) oyster】

岩礁に左殻で付着するイタボガキ科の二枚貝の総称であるが,とくに食用とされる重要種マガキを指すことも多い。カキ類は付着生活のため形は一定せず,軟体の足は発達しない。殻は付着する左殻が大きく深くなり,右殻はやや小さくて,あまり膨らまない。殻表には皮がなく,成長脈が板状になっている。両殻のかみ合せには黒い靱帯があるが,歯はないか,はなはだ弱い。軟体の中央には大きい後閉殻筋(貝柱)があり,外套(がいとう)膜の中のえらは大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のカキ(牡蠣)の言及

【魚貝毒】より

…近縁種のエゾボラモドキの唾液腺にもテトラミンがある。
[ホタテガイなど]
 ホタテガイ,アカザラガイ,カキなどが時に有毒化する。これは,餌のプランクトンに有毒物質をつくる種類があり,その毒を中腸腺に蓄積するためである。…

※「カキ(牡蠣)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カキ(牡蠣)の関連キーワードイタボガキ牡蠣孔雀貝撞木貝板甫牡蠣毛牡蠣猩猩貝雲雀貝真牡蠣カキ(牡蠣)アカガイアジウバガイカモバカガイホタテガイミルガイモガイ真牡蠣インゲンマメ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone