コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カキ(牡蠣)

栄養・生化学辞典の解説

カキ

 カキ目の二枚貝で,広く世界的に食用になっている.マガキ(giant Pacific oyster, Japanese oyster)[Crassostrea gigas],スミノエガキ[C. ariakensis],イワガキ[C. nippona],イタボガキ[Ostrea denselamellosa],ヨーロッパヒラガキ(European flat oyster)[O. eudlis]などいくつかの種を食用にする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カキ(牡蠣)【カキ】

イタボガキ科の二枚貝の総称であるが,マガキを指すことも多い。左殻は大きくて深く,岩に付着し,右殻はやや小さく,ふくらみは弱い。形は付着生活のため一定しない。殻表の成長脈は板状に発達してあらい。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カキ【カキ(牡蠣) oyster】

岩礁に左殻で付着するイタボガキ科の二枚貝の総称であるが,とくに食用とされる重要種マガキを指すことも多い。カキ類は付着生活のため形は一定せず,軟体の足は発達しない。殻は付着する左殻が大きく深くなり,右殻はやや小さくて,あまり膨らまない。殻表には皮がなく,成長脈が板状になっている。両殻のかみ合せには黒い靱帯があるが,歯はないか,はなはだ弱い。軟体の中央には大きい後閉殻筋(貝柱)があり,外套(がいとう)膜の中のえらは大きい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカキ(牡蠣)の言及

【魚貝毒】より

…近縁種のエゾボラモドキの唾液腺にもテトラミンがある。
[ホタテガイなど]
 ホタテガイ,アカザラガイ,カキなどが時に有毒化する。これは,餌のプランクトンに有毒物質をつくる種類があり,その毒を中腸腺に蓄積するためである。…

※「カキ(牡蠣)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

カキ(牡蠣)の関連キーワードCrassostrea gigas広島県廿日市市上の浜同音語のアクセントオイスターソース酢牡蠣・酢牡蛎生牡蠣・生牡蛎カキえもん人気牡蠣殻・牡蛎殻二尾長心喰虫サルシフィー後棘長心喰虫カキ肉エキス二角長心喰虫チマサンチュ二角心喰虫ベリジャーシナノガキ中西 静生今井 丈夫ケチャップ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android