コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャッツ・アイ cat's eye

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャッツ・アイ
cat's eye

猫目石ともいう。結晶中に多くの針状包有物が平行に並んで存在し,カボッション・カットによって,猫の目のような光彩が現れる数種の宝石の総称。金緑石,水晶猫目石 (オクシデンタル・キャッツ・アイ) ,クロシドライト猫目石 (アフリカ・キャッツ・アイ) ,鋼玉猫目石などがある。スリランカ,ブラジルより産出。古代より高価な宝石として珍重されてきた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

キャッツ・アイ

日本のテレビアニメ。放映は日本テレビ系列(1983年7月~1984年3月、1984年10月~1985年7月)。原作:北条司による漫画作品。制作:東京ムービー新社(現:トムス・エンタテインメント)。怪盗三姉妹の活躍を描く。見出し語の「・」はハートマーク。

キャッツ・アイ

北条司による漫画作品。美術品を狙う怪盗3姉妹と彼女らを捕まえようとする若い刑事の対立を描く。『週刊少年ジャンプ』1981年第40号~1984年第44号に連載。集英社ジャンプコミックス全18巻。1983年~1985年日本テレビ系列でアニメが放映され、1997年には林海象監督による実写映画が公開された。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

知恵蔵miniの解説

キャッツ・アイ

北条司のマンガ作品。少年マンガ誌「週刊少年ジャンプ」で1981年から84年まで連載された。美術品を狙う怪盗・キャッツアイ(正体は来生泪、、愛の美人三姉妹)と、彼女たちを追う刑事で瞳の恋人でもある内海俊夫とのドラマを描いたストーリーで、著者の出世作となった。83年には日本テレビ系列でアニメ化され、杏里の歌う主題歌とともに人気を博し、海外でも多くの国で放映された。また、88年にはテレビドラマ化、96年には小説化、97年には実写映画化され、2012年には初の舞台化が予定されている。

(2012-07-26)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

キャッツ・アイの関連キーワードCAT'S EYEカボッションしゃこ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キャッツ・アイの関連情報