コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シレット シレットSylhet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シレット
Sylhet

バングラデシュ東部,チッタゴン州の都市。マイメンシン東方約 150km,スルマ川右岸に位置。 14世紀にヒンドゥーの小王国の都,のちイスラム文化の中心地となった。サトウキビと茶の産地として知られ,ほかに植物油,マッチを産する。モスクやイスラムの廟が残る。人口9万 9538 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

シレット(Sylhet)

バングラデシュ北東部の都市。首都ダッカの北東約200キロメートル、スルマ川が刻む谷間に位置する。1947年以前はインドのアッサム州の一部であり、のちに分離編入。英国統治時代より茶の生産が盛ん。天然ガスを豊富に産する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シレット
しれっと
Sylhet

バングラデシュ北東部の都市。ダッカの北東約200キロメートル、スルマ川沿岸に位置する。人口30万7500(2003推計)。1947年のパキスタン独立以前は、インドのアッサム州の一部であった。付近の丘陵地帯にはイギリス植民地時代から茶のプランテーションが発達、シレットは茶の加工、集積地として栄えた。また、バングラデシュ唯一の天然ガス田や化学肥料工場などもある。[桐生 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シレットの関連キーワードジャイアントセコイアシャージャラル聖者廟ピーター ウィルソンフェンチュガンジバングラデシュスリモンゴルハビガンジシルヘットホリプールジャフロン桐生

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android