ジャンボ(英語表記)jumbo; drill jumbo; drill carriage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ジャンボ」の解説

ジャンボ
jumbo; drill jumbo; drill carriage

穿孔作業を容易かつ能率的に進めるため,1台ないし数台の削岩機台車上のブームに取付け,移動可能にした穿孔装置。おもに坑道トンネル掘進に用いられる。穿孔の付帯作業の時間を減らし正味の穿孔時間を長くすることができるので掘進のスピードアップができる。台車にブームを載せた普通のものから,全油圧操作のハイドロジブジャンボ hydro jib jumbo,竪坑掘削用に開発されたアンブレラジャンボ umbrella jumboまで多くの種類がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「ジャンボ」の解説

ジャンボ

〘名〙 (jumbo)
① (形動) 巨大であるさま。また、そのもの。
※男のポケット(1976)〈丸谷才一〉発明苦心談「まさしく香水びんのジャンボ・サイズだが」
② 台車に削岩機をとりつけた坑道掘進装置。トンネルを掘り進むのに用いたりする。ドリルジャンボ。ユンボ
③ 自動プリンターを使って、引伸ばしや焼付けを行なう写真。ジャンボプリント。
④ ボーイング社製七四七型ジェット旅客機の愛称。ジャンボ機。ジャンボジェット

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ジャンボ」の解説

ジャンボ(jumbo)

[名・形動]
巨大なこと。巨大なさま。また、そういうもの。「ジャンボな景品」「ジャンボサイズ」
ジャンボジェット」の略。
鑿岩さくがん機を載せた台車。特に、台車に取り付けた腕木の上に鑿岩機を載せた坑道掘進装置。ドリルジャンボ。
[補説]かつて英米で見世物になった巨象の名にちなむ。もとはスワヒリ語で「こんにちは」の意。
[類語]大きい大きな大いなるでかいでっかいどでかい馬鹿でかい大振り大形大柄大口大作り大粒粗大肥大嵩張かさばビッグ巨大マクロ過大ジャイアントマキシマムマンモスキングサイズ豪壮雄大壮大大規模壮麗広壮極大最大特大強大超弩級ちょうどきゅう大掛かり大仕掛け大大的でかでか

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android