コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プレー[山] プレー

2件 の用語解説(プレー[山]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

プレー[山]【プレー】

西インド諸島東部,マルティニク島北部の火山。標高1397m。1902年に大爆発し,サン・ピエールの町を破壊し,約3万人の死者を出した。→プレー式噴火
→関連項目熱雲フォール・ド・フランスマルティニク[島]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

プレー[山]【Montagne Pelée】

カリブ海の東の小アンティル諸島のマルティニク島にある火山。標高1397m。モン・プレーMont Peléeともいう。1902年5月8日に大噴火し,発生した火砕流のため火口から8km離れていたサン・ピエールの町が全滅したことで有名。発生した火砕流は小型のもので熱雲とも呼ばれ,時速200km以上の速さで高温の軽石や火山灰が流下し,建物を破壊し,1人を除いて市民全員(2万8000人)が犠牲になった。その後29‐32年にも活動した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のプレー[山]の言及

【熱雲】より

…火山噴出物の噴出様式の一つで小型の火砕流を指す。1902年,西インド諸島マルティニク島のプレー火山の噴火のとき発生し,2万8000人の死者を出した小型火砕流が,火砕流という現象が火山学的に広く認められるようになった最初の例である。この噴火を研究したフランスの火山学者ラクロアFrançois Antoine Alfred Lacroix(1863‐1948)により,熱雲nuée ardenteという語が初めて提唱されたが(1904),その後異なったタイプの火砕流が多数発見されたため,熱雲という語はプレー型の小規模火砕流に限られるようになった。…

【マルティニク】より

…地形は山地部が多い。1902年にプレー山(1397m)が大爆発してサン・ピエールの町が壊滅し,約3万人が死亡した。住民は黒人が多く,旧フランス領インドシナからの移民の子孫もいる。…

※「プレー[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プレー[山]の関連キーワードオランダ領アンティル小アンティル諸島セントルシア大アンティル諸島バルバドスズークバセテールモントセラット島カリブ海の秘密フーイベルグ岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone