コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プレー[山] プレー

世界大百科事典 第2版の解説

プレー[山]【Montagne Pelée】

カリブ海の東の小アンティル諸島のマルティニク島にある火山。標高1397m。モン・プレーMont Peléeともいう。1902年5月8日に大噴火し,発生した火砕流のため火口から8km離れていたサン・ピエールの町が全滅したことで有名。発生した火砕流は小型のもので熱雲とも呼ばれ,時速200km以上の速さで高温の軽石や火山灰が流下し,建物を破壊し,1人を除いて市民全員(2万8000人)が犠牲になった。その後29‐32年にも活動した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のプレー[山]の言及

【熱雲】より

…火山噴出物の噴出様式の一つで小型の火砕流を指す。1902年,西インド諸島マルティニク島のプレー火山の噴火のとき発生し,2万8000人の死者を出した小型火砕流が,火砕流という現象が火山学的に広く認められるようになった最初の例である。この噴火を研究したフランスの火山学者ラクロアFrançois Antoine Alfred Lacroix(1863‐1948)により,熱雲nuée ardenteという語が初めて提唱されたが(1904),その後異なったタイプの火砕流が多数発見されたため,熱雲という語はプレー型の小規模火砕流に限られるようになった。…

【マルティニク】より

…地形は山地部が多い。1902年にプレー山(1397m)が大爆発してサン・ピエールの町が壊滅し,約3万人が死亡した。住民は黒人が多く,旧フランス領インドシナからの移民の子孫もいる。…

※「プレー[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プレー[山]の関連キーワードカリブ海

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android