マス(鱒)(読み)マス

百科事典マイペディアの解説

マス(鱒)【マス】

分類上はサケ科サクラマスのこと。しかし東京ではやや味の落ちるカラフトマスをマスと俗称し,サクラマスをホンマスと呼ぶなど,名称は混乱している。他にマスの名のつくサケ科の魚にはヒメマスニジマスカワマスマスノスケなどがある。一般にサケとマスは明確に区分できると思われがちだが,ベニザケ陸封型をヒメマスというように,両者のちがいは定かでない。マスを代表するサクラマスは,陸封型ヤマメと呼んで区別する。全長60cm,サケとよく似るが幽門垂,鰓耙(さいは)の数が少ない。太平洋側の利根川以北,日本海側および熊本県などに分布。孵化(ふか)後1〜2年半で海に下り,約1〜2年を海で過ごして晩春〜初夏,産卵のため川をさかのぼる。定置網刺網などで漁獲され,塩蔵するほか,塩焼き,ムニエル,刺身などで賞味する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マス【マス(鱒)】

サケ目サケ科のサケ属,ニジマス属,イワナ属に属するマス類の総称。学術的には,サケ属のサクラマスOncorhynchus masouを指すが,一般的には,味の落ちる魚であるカラフトマス(イラスト)O.gorbuschaを指し,サクラマスはホンマスと呼ばれ区別して使われることが多い。マスと呼ばれる魚としては,このほかにヒメマスニジマス(イラスト)(一般に養殖されているマスは本種),カワマス(イラスト),ビワマスマスノスケ,クニマスなどがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のマス(鱒)の言及

【水産物貿易】より

…所得増加を背景にした水産物需要の増加は,日本での漁獲高が少ないエビ,カニ,魚卵,マグロ等にも向かいはじめ最大の水産物輸入国であったアメリカを78年に追いぬいた。輸入品目としては,冷凍エビをトップ(輸入額の20%強)に近年伸びてきたマグロ(10%),サケ・マス(6%),イカ・タコ(6%)などとなっている(いずれも1995)。エビ,魚卵,タコ,カニ等は国産ものよりも輸入ものに依存する割合が高く,エビとマグロでは日本はアメリカとの2ヵ国で世界貿易の大半を占める。…

※「マス(鱒)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android