コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

予算(地方公共団体の) よさん/ちほうこうきょうだんたいのよさん

1件 の用語解説(予算(地方公共団体の)の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

予算(地方公共団体の)

当該地方団体の1会計年度における収入支出の見積もりで、予定する行政活動計画の表明でもある。立法機関である議会の承認を得て成立する予算のうち、収入は見積もりにすぎないが、支出は執行を制約する法規としての性格を持つ。予算の調整権及び議会への提出権は長に専属する(教育関係予算については教育委員会の意見をきく)。議会は予算案を審議し、可決あるいは否決するほか、削除または減額修正を行う権限をもつが、増額修正に関しては長の権限を侵すことができない。しかしながら、政治的には議会の予算承認権には大きな力があり、首長に対する生殺与奪の手段となるともいわれる。予算の執行は、行政機関である長に専属する。

(北山俊哉 関西学院大学教授 / 笠京子 明治大学大学院教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

予算(地方公共団体の)の関連キーワード継続費決算総計予算国家予算過年度過年度支出経常費歳計歳計剰余金地方団体

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone