(読み)ジ

デジタル大辞泉の解説

じ【児】

[名]
子供。「一をもうける」
男子。
「自然の―になろうか、又意志の人になろうか」〈漱石それから
[代]一人称の人代名詞。親などに対して子が自分のことをさすのに用いる。
「―は不幸にしていまだ良師を得ません」〈鴎外魚玄機

じ【児〔兒〕】[漢字項目]

[音](漢) (呉) [訓]こ ちご
学習漢字]4年
〈ジ〉
子供。幼い子。わらべ。「児戯児童育児孤児胎児乳児幼児
(親に対して)子。「児孫豚児
若者。男子。「健児(けんじ)寵児(ちょうじ)風雲児
〈ニ〉幼い子。「小児
[名のり]のり・はじめ・る
[難読]金雀児(エニシダ)・加答児(カタル)・健児(こんでい)掏児(すり)稚児(ちご・ややこ)

やや【児/稚】

あかご。赤ん坊。ややこ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じ【児】

( 代 )
一人称。親などに対して子供が自分のことをいう語。わたくし。 「 -は不幸にして未だ良師を得ません/魚玄機 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じ【児】

[1] 〘名〙
① 子どもの意。現代では多く、ある人の子どもの数をいうときに用いる。「二児の母」
※日葡辞書(1603‐04)「Ii(ジ)。チゴ」 〔史記‐孔子世家〕
② (「…の児」の形で) そういうことをする運命をもって生まれてきた者、すっかりその状態にひたりきっている者の意。男にいう。
※悪魔(1903)〈国木田独歩〉八「爾(なんぢ)は終(つひ)に苦悩の児(ジ)なり」
[2] 〘代名〙 自称。親などに対して子どもが自分のことを呼ぶのに用いる。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉一「阿爺の言誠に信たらば児能く眠るべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

児の関連情報