八島(読み)やしま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八島(能)
やしま

能の曲目。二番目、修羅(しゅら)物の大作。五流現行曲。観世(かんぜ)流は「屋島」と表記。世阿弥(ぜあみ)作とされる。典拠は『平家物語』巻十一の「嗣信最期(つぎのぶさいご)」「那須与一(なすのよいち)」「弓流(ゆみながし)」。西国行脚(あんぎゃ)の僧(ワキ、ワキツレ)が八島へやってくる。海から帰った翁(おきな)(前シテ)と若い男(ツレ)に宿を頼むと、都の人と聞いた翁は懐かしがって宿を貸す。僧の所望に、翁は源義経(よしつね)の武者ぶり、景清(かげきよ)と三保谷(みおのや)の錣引(しころびき)や、義経の身代りとなって矢を受けて戦死した佐藤継信(つぐのぶ)のことを語り、自分が義経の霊であることをほのめかして消える(中入)。僧の夢のなかに、武装りりしく現れた義経の亡霊(後シテ)は、波に流された自分の弓が弱い弓であることを敵に知られないために、命を顧みず取り返した名を惜しむ武人の心意気を語り、襲ってくる修羅道の苦しみにも敢然と立ち向かうが、朝の光の中に消えて行く。『田村』『箙(えびら)』とともに勝修羅(かちしゅら)三番とよばれ、敗戦の苦と修羅道にあえぐ他の修羅能と区別しても扱われる。間(あい)狂言は浦の男だが、那須与一の扇の的(まと)を仕方(しかた)話で語る特殊演出もある。
 邦楽では、地歌(じうた)、箏曲(そうきょく)、荻江(おぎえ)節に影響を与え、同題の作品がある。なお、幸若(こうわか)の『八島』は能の『摂待(せったい)』の題材・構成と近く、奥浄瑠璃(おくじょうるり)の『尼公(あまぎみ)物語』、近松門左衛門の浄瑠璃『門出八島』の源流である。[増田正造]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

八島の関連情報