コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八木[町] やぎ

2件 の用語解説(八木[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

八木[町]【やぎ】

京都府中部,船井郡の旧町。大堰(おおい)川が南東流する亀岡盆地の北西部を占め,山陰本線が通じる。米作を主とし,野菜,果樹,マツタケ,クリも産する。京阪地方への交通の便がよく兼業農家が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やぎ【八木[町]】

京都府中部,船井郡の町。人口9905(1995)。亀岡盆地北西部に位置し,西を大堰(おおい)川が南流,北東部は山地で占められる。屋賀(やが)には国府,国府垣内などの地名があり,古代丹波国府所在地とされる。また氷所(ひどころ)は《延喜式》にもみえる,主水司に属する氷室の設定された地。室町時代には南西部の城山山頂に丹波守護代内藤氏の八木城があった。山陰道を眼下にした口丹波随一の要害で,戦国末期の城主内藤如安キリシタンとして著名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone