コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六法(美術) ろっぽう

百科事典マイペディアの解説

六法(美術)【ろっぽう】

中国における作画ならびに鑑賞の規範となる六つの要目。《古画品録》の序にある気韻生動・骨法用筆・応物象形・随類賦彩・経営位置・伝移模写をいい,後世まで長く守られた。このうち第1の気韻生動は張彦遠が《歴代名画記》の中で重視して説いて以来,絵画の理想として用いられている。
→関連項目骨法林泉高致

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android