コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六法(美術) ろっぽう

1件 の用語解説(六法(美術)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

六法(美術)【ろっぽう】

中国における作画ならびに鑑賞の規範となる六つの要目。《古画品録》の序にある気韻生動骨法用筆・応物象形・随類賦彩・経営位置・伝移模写をいい,後世まで長く守られた。
→関連項目骨法林泉高致

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

六法(美術)の関連キーワード規範裁判規範典型マヌ法典六法規戒儀典典範並びに康熙字典

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone