コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サク

デジタル大辞泉の解説

さく【冊】

昔、中国で天子諸侯領地爵位を授けるとき、また、立后立太子などの祭事に下したみことのり

さく【冊】[漢字項目]

さつ

さつ【冊】

[接尾]助数詞。書物などを数えるのに用いる。「雑誌二、三

さつ【冊】[漢字項目]

[音]サツ(慣) サク(漢)
学習漢字]6年
〈サツ〉書物。文書。「冊子書冊大冊分冊別冊
〈サク〉
書き付けのふだ。「短冊(たんざく)
天子が下す任命書。「冊立封冊(ほうさく)
[名のり]とみ・ふみ
[難読]冊子(そうし)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さく【冊】

昔、中国で天子が后妃・諸侯を立てたり、封禄・爵位を授けるときに発する勅書。

さつ【冊】

( 接尾 )
助数詞。本・雑誌・帳面など、とじてあるものを数えるのに用いる。 「三-の本」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【簡牘】より

…この1枚には1行で40字,2行で80字程度の文字が収まり,それ以上の長文になると,簡牘を並べてすだれのように麻や皮の紐でつなぎ合わす方法がとられた。これを冊とよぶ。そのほか形では長さ2尺のものを檄(げき),3尺を槧(ざん),多面体のものを觚(こ)といい,また用途に応じて符(証明書)とか(けい)(付け札)といった呼称があった。…

※「冊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

冊の関連キーワード大乗院寺社雑事記まだ人間じゃないゴールデン・マンSYSTEMIC世界大博物図鑑阿波国徴古雑抄中央市立図書館御仕置例類集大日本古記録絵入浄瑠璃史静嘉堂文庫コミックス漫吟集類題全編・全篇古今百馬鹿ブールバキ国史大系故実叢書国鉄幹線江戸砂子

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冊の関連情報