(読み)サク

  • さく・す
  • さつ
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

昔、中国で天子諸侯領地爵位を授けるとき、また、立后・立太子などの祭事に下したみことのり
[接尾]助数詞。書物などを数えるのに用いる。「雑誌二、三
[音]サツ(慣) サク(漢)
学習漢字]6年
〈サツ〉書物。文書。「冊子書冊大冊分冊別冊
〈サク〉
書き付けのふだ。「短冊(たんざく)
天子が下す任命書。「冊立封冊(ほうさく)
[名のり]とみ・ふみ
[難読]冊子(そうし)
さつ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

昔、中国で天子が后妃・諸侯を立てたり、封禄・爵位を授けるときに発する勅書。
接尾
助数詞。本・雑誌・帳面など、とじてあるものを数えるのに用いる。 三-の本

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 昔、中国で天子が諸侯に爵位や封祿を授けるとき、また、立后、立太子などのときに下す詔勅。また、その文体。
※大唐西域記長寛元年点(1163)一「茲れ自り已降、空しく事を書す冊(サク)(〈別訓〉ふだ)を伝ふ」 〔釈名‐釈書契〕
〘他サ変〙 勅命によって、皇妃、諸侯などをたてる。
(「さつ」は「冊」の慣用音)
[1] 〘名〙 冊子。書物。
※筆まかせ(1884‐92)〈正岡子規〉一「是よりさき春廼舎氏始めて書生気質を出板するに冊を分ち雑誌風に発兌せしより」
[2] 〘接尾〙 書物などを数えるのに用いる。
※尋常小学読(1887)〈文部省〉六「甚だ美麗なる書籍一冊を得たり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【簡牘】より

…この1枚には1行で40字,2行で80字程度の文字が収まり,それ以上の長文になると,簡牘を並べてすだれのように麻や皮の紐でつなぎ合わす方法がとられた。これを冊とよぶ。そのほか形では長さ2尺のものを檄(げき),3尺を槧(ざん),多面体のものを觚(こ)といい,また用途に応じて符(証明書)とか(けい)(付け札)といった呼称があった。…

※「冊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冊の関連情報