コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂東三津五郎(10代目) ばんどうみつごろう(じゅうだいめ)

2件 の用語解説(坂東三津五郎(10代目)の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

坂東三津五郎(10代目)

歌舞伎役者、日本舞踊坂東流家元。屋号は大和屋。本名は守田寿(もりたひさし)。父は9代目坂東三津五郎、息子は2代目坂東巳之助。1956年1月23日、東京都生まれ。62年、5代目坂東八十助(やそすけ)を名乗り、初舞台を踏む。2001年に10代目坂東三津五郎を襲名し、時代物から世話物、新作まで幅広い役をこなす一方、テレビドラマや映画でも活躍。家の芸である踊りの名手としても知られる。06年に日本芸術院賞、09年に紫綬褒章を受章。15年2月21日、死去。享年59。

(2015-2-24)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

坂東三津五郎(10代目)

日本の歌舞伎俳優。1956年1月23日、東京都生まれ。本名は守田寿(もりたひさし)。屋号は大和屋。日本舞踊の坂東流家元で、踊りの名手として知られ、端正な芸で幅広い役を演じた。
長男は歌舞伎俳優の2代目坂東巳之助。長女は女優の守田菜生、次女は日本舞踊師範の守田幸奈。いとこに女優の池上季実子
先代三津五郎の長男に生まれ、62年、5代目八十助(やそすけ)を襲名して、「牛若丸」の役で初舞台を踏んだ。八十助として長らく活動し、2001年に三津五郎を襲名した。研究熱心で努力家だったといい、こつこつと積み上げられた芸は、多くの人々を魅了した。「六歌仙」にも選ばれている歌人で高僧、喜撰(きせん)法師が様々な姿を見せる「喜撰」を好んで演じ、基本に忠実ながらも味わい深い芸を見せた。芸域は幅広く、「魚屋宗五郎」の宗五郎といった世話物の役を始め、時代物の武家社会に生きる男性の役、「勧進帳」の弁慶といった荒事などもこなした。新作歌舞伎から現代劇まで、多様なジャンルの舞台や役柄に挑戦し続けたことについては、生前「好きな役者をやれてるんだもの、やること、できることを自分で制限したらもったいないじゃない」と語っていたという。同世代の故中村勘三郎(18代目、12年に死去)とは、幼い頃から共に芸を切磋琢磨する間柄で、多くの舞台で共演した。
NHK大河ドラマ功名が辻」やTBS系「ルーズヴェルト・ゲーム」などのテレビドラマや映画「武士の一分」にも出演した。
06年日本芸術院賞、09年紫綬褒章など受賞歴は多数。著書に『あばれ熨斗(のし)』などがある。
城好きとしても有名で、BS朝日「日本の城ミステリー紀行」の城案内人も務めた。10年に『三津五郎城めぐり』(三月書房)、12年には『坂東三津五郎 粋な城めぐり』(角川マガジンズ)が出版されている。
13年8月にすい臓の異常を公表し、9月に手術を受けた。療養生活を経て14年4月、東京・歌舞伎座の「寿靱猿(ことぶきうつぼざる)」で舞台復帰した。8月に「たぬき」「勢獅子(きおいじし)」に出演し、結果的にこれが歌舞伎では最後の舞台となる。9月に肺の異常が見つかり、12月に出演予定だったこまつ座の舞台「芭蕉通夜舟」の降板を発表。10月の小唄演奏会が、舞踊では最後の舞台となった。
15年2月21日、すい臓がんのため59歳で死去。東京で営まれた本葬には、歌舞伎関係者や山田洋次監督、鳩山由紀夫元首相ら計約5000人が参列した。

(南 文枝 ライター/2015年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone