島崎 藤村(読み)シマザキ トウソン

20世紀日本人名事典「島崎 藤村」の解説

島崎 藤村
シマザキ トウソン

明治〜昭和期の小説家,詩人



生年
明治5年2月17日(1872年)

没年
昭和18(1943)年8月22日

出生地
長野県第八大区五小区馬籠村(現・長野県木曽郡山口村馬籠)

出身地
東京

本名
島崎 春樹

別名
別号=無名氏,島の春,古藤庵,無声,枇杷坊,むせい,葡萄園主人,六窓居士

学歴〔年〕
明治学院〔明治24年〕卒

経歴
馬籠宿の庄屋の家系に生れ、9歳で上京。明治学院卒業後、教員として明治25年明治女学校、29年東北学院、32年小諸義塾に勤める。その間、26年に北村透谷らと「文学界」を創刊。また30年に「若菜集」を刊行し、以後「一葉舟」「夏草」「落梅集」の詩集を刊行する一方、小説、散文も発表し、39年「破戒」を刊行。自然主義文学の代表的作家として、「春」「家」などを発表。大正2年渡仏し、帰国後に「新生」を、また「海へ」「エトランゼエ」などの紀行、感想文を発表した。昭和4年から10年にかけては、大作「夜明け前」を発表。10年日本ペンクラブ初代会長。11年ヨーロッパに再遊、15年帝国芸術院会員となる。詩、小説、紀行文、感想と作品は数多く、他に「眼鏡」などの童話集もある。絶筆「東方の門」。「島崎藤村全集」(全12巻・別巻1 筑摩書房)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「島崎 藤村」の解説

島崎 藤村 (しまざき とうそん)

生年月日:1872年2月17日
明治時代-昭和時代の詩人;小説家
1943年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android