復讐・復讎(読み)ふくしゅう

大辞林 第三版の解説

ふくしゅう【復讐・復讎】

( 名 ) スル
かたきを討つこと。仕返しをすること。 「敵に-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふく‐しゅう ‥シウ【復讐・復讎】

〘名〙 あだをかえすこと。仕返しをすること。あだうち。かたきうち。返報
※史記抄(1477)一〇「伯嚭も父をば平王に殺されたれば、其復讎の心は同じことであらうぞ」 〔孟子‐滕文公・下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android