(読み)ゾク

デジタル大辞泉の解説

ぞく【賊】

他人に危害を加えたり、他人の財物を奪ったりする者。「が忍び込む」
国家・社会の秩序を乱す

ぞく【賊】[漢字項目]

常用漢字] [音]ゾク(呉)
人を傷つけそこなう。害する。「賊害賊心
人を傷つけて財物をかすめる者。強盗。ぬすびと。「海賊義賊山賊鼠賊(そぞく)盗賊馬賊
時の政府や国家に反逆する者。謀反人。「賊軍賊臣奸賊(かんぞく)逆賊国賊
[難読]烏賊(いか)木賊(とくさ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞく【賊】

人に危害を加えたり、物を奪い取ったりする者。 -が侵入する
反乱を起こした者。国を乱す者。謀反人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぞく【賊】

〘名〙
他人危害を加えたり、他人の財物を略破壊したりする者。悪事をはたらく者。ぬすびと。盗賊。賊徒。賊人(ぞくにん)
※今昔(1120頃か)一二「我が大師、何の過(とが)(まし)まして此の賊難に値(あひ)給へるぞ」 〔戦国策‐斉策〕
② 君主・国家などにそむく者。また一般に、反逆する者。不忠者。むほん人。国賊。逆賊。賊臣。賊人。
※続日本紀‐宝亀一一年(780)一二月丁巳「己等為賊被囲、兵疲矢尽」 〔漢書‐高帝紀上〕
③ (形動) 悪事を行なうさま。害のあること。
※中華若木詩抄(1520頃)上「伍子胥は、〈略〉恩少くて賊なる者ぞ」

ぞく‐・する【賊】

〘他サ変〙 ぞく・す 〘他サ変〙
① そこなう。害する。しいたげる。
太平記(14C後)二〇「国を賊(ゾク)し政を掠(かすむ)る者、競ひ集て、邪に帝都を侵し奪へり」
② 殺す。

にし‐もの【賊】

〘名〙 (「にし」の語義未詳) わるもの。ぞく。
※常陸風土記(717‐724頃)新治「東の夷の荒ぶる賊〈俗に、阿良夫流爾斯母乃(あらぶるニシモノ)と云ふ〉を平討(う)たむとして」

ぞく‐・す【賊】

〘他サ変〙 ⇒ぞくする(賊)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

賊の関連情報