コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゾク

デジタル大辞泉の解説

ぞく【賊】

他人に危害を加えたり、他人の財物を奪ったりする者。「が忍び込む」
国家・社会の秩序を乱す

ぞく【賊】[漢字項目]

常用漢字] [音]ゾク(呉)
人を傷つけそこなう。害する。「賊害賊心
人を傷つけて財物をかすめる者。強盗。ぬすびと。「海賊義賊山賊鼠賊(そぞく)盗賊馬賊
時の政府や国家に反逆する者。謀反人。「賊軍賊臣奸賊(かんぞく)逆賊国賊
[難読]烏賊(いか)木賊(とくさ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞく【賊】

人に危害を加えたり、物を奪い取ったりする者。 「 -が侵入する」
反乱を起こした者。国を乱す者。謀反人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

賊の関連キーワード俗・属・屬・族・粟・続・續・賊在り処・在り所白波・白浪海寇・海冦小畑岩次郎躍り掛るぬきやま組伏せる滑川恭子謀反人身包みとくさ六賊匪賊流賊賊首余賊小万反乱鼠賊

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

賊の関連情報