新宮(愛媛県)(読み)しんぐう

日本大百科全書(ニッポニカ)「新宮(愛媛県)」の解説

新宮(愛媛県)
しんぐう

愛媛県東部、宇摩郡(うまぐん)にあった旧村名(新宮村(むら))。現在は四国中央市の東南部を占める一地域。1954年(昭和29)新立(しんりつ)村と上山(かみやま)村が合併して新宮村が成立。2004年(平成16)川之江(かわのえ)市、伊予三島(いよみしま)市、土居(どい)町と合併、四国中央市となる(なお、この合併により宇摩郡は消滅)。旧新宮村は、吉野川の支流銅山(どうざん)川の中流域にあり、南部は高知県に、東部は徳島県に接する。銅山川に沿って国道319号が東西に走り、高知自動車道の新宮インターチェンジがある。名称は、平安時代に紀伊国から勧請(かんじょう)したという熊野速玉(はやたま)大社(新宮)にちなむ。茶、タバコ、シイタケの生産が主の純山村で、とくに茶は「新宮茶」として知られる。かつては養蚕が盛んであった。近世には土佐藩主が参勤交代で川之江に出る土佐街道が通じ、馬立(うまたて)には本陣があった。新宮ダム(1977年完成)は、西日本有数の紙・パルプ生産を誇る旧川之江市や旧伊予三島市などに工業用水を供給してきた。大西神社の鐘踊りは県指定無形民俗文化財。

[横山昭市]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android