コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最勝寺 サイショウジ

大辞林 第三版の解説

さいしょうじ【最勝寺】

平安末期、京都市東山区岡崎付近に建てられた六勝寺の一。鳥羽天皇の御願寺。1118年建立。応仁の乱後、廃絶。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の最勝寺の言及

【六勝寺】より

…〈りくしょうじ〉ともいう。法勝(ほつしよう)寺,尊勝寺,最勝寺,円勝寺,成勝(じようしよう)寺,延勝寺の6寺。1075年(承保2)白河天皇の発願で法勝寺の造営が開始されて以後,1149年(久安5)延勝寺が落成するまで,白河親政・同院政・鳥羽院政期に,白河,堀河,鳥羽,崇徳(すとく),近衛の5天皇と鳥羽中宮待賢門院藤原璋子の6人の発願によって建立された。…

※「最勝寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

最勝寺の関連キーワード滋賀県高島市マキノ町海津東京都江戸川区平井細見美術館伊藤令恭清原国貞僧綱補任牛島神社藤原忠通烏亭焉馬戸部正清亀阜豊寿四灌頂悪口祭河副荘御願寺悪口応仁行玄長俊忠尋

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

最勝寺の関連情報