コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松尾[町](読み)まつお

百科事典マイペディアの解説

松尾[町]【まつお】

千葉県北東部,山武(さんぶ)郡の旧町。九十九里平野下総(しもうさ)台地にまたがる。主集落は銚子街道の街村として発達。畑作稲作を行う。工業団地があり,金属加工,食品製造などの企業が進出している。総武本線が通じる。2006年3月,山武郡成東町,山武町,蓮沼村と合併し市制山武市となる。37.59km2。1万1364人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まつお【松尾[町]】

千葉県中東部,山武郡の町。人口1万1418(1995)。町域は下総台地から九十九里平野にかけて広がる。中心集落の松尾は銚子街道の街村で,明治維新当時は松尾藩の藩庁所在地であった。主産業は農業で,かつてはサツマイモ生産が多く,デンプンかすを利用した養豚が行われていた。サツマイモの生産は減ったが,養豚は現在も行われている。また工業団地があり,中小工場が進出している。総武本線,国道126号線が通じ,松尾駅前は周辺のバス交通の中心となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android