松阪[市](読み)まつさか

百科事典マイペディアの解説

松阪[市]【まつさか】

三重県中部の市。1933年市制。東部は櫛田川などが流れる伊勢平野部で,伊勢湾に面する。中心市街は1588年蒲生氏郷の松阪城築城以来城下町として発達,江戸時代には紀州和歌山藩領となり,参宮街道の宿場町,松阪木綿を扱う松阪商人の商業町でもあった。明治中期に興った繊維工業のほか製材・木工業も行われ,1960年代に臨海部や内陸部に化学,機械などの工業団地が立地,1994年松阪中核工業団地も操業を開始した。紀勢本線,名松線,近鉄山田線・大阪線・名古屋線,伊勢自動車道が通じる。周辺では米作,野菜・茶栽培,松阪牛飼育が盛ん。城跡は松阪公園。園内に本居宣長旧宅(特別史跡),本居宣長の墓(史跡),宝塚古墳(史跡)がある。古い町並みの景観が保存されており,歴史民俗資料館もある。櫛田川上流の香肌(かはだ)峡一帯は室生赤目青山国定公園に属する。2005年1月一志郡嬉野町,三雲町,飯南郡飯南町,飯高町を編入。623.66km2。16万8017人(2010)。
→関連項目大河内曾禰荘三井家

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まつさか【松阪[市]】

三重県中央部の市。古くは松坂と記し,〈阪〉の字も混用されたが,明治期以降〈松阪〉となる。1933年市制。人口12万2449(1995)。市域は西の紀伊山地から東の伊勢湾に注ぐ櫛田川,阪内(さかない)川の河口にまで広がる。1588年(天正16)蒲生氏郷が阪内川下流右岸に城を築き,城下町を建設したのが市街発展の基礎となる。江戸時代には市域の大部分は紀州藩領となり,松坂は紀州藩勢州領の一拠点であった。その間,周辺農村で生産された木綿を商う松坂商人の活躍は目ざましく,江戸に進出した伊勢商人の中核をなしたが,その代表は呉服商越後屋を営んだ三井家である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の松阪[市]の言及

【伊勢商人】より

…中世,とくに近世,近江商人とならんで江戸・大坂などで活躍した伊勢松坂等出身の商人。江戸時代〈江戸に多きものは伊勢屋,稲荷に犬の糞〉といわれるほど伊勢出身の商人が多く,その商業活動が目覚ましかったが,それは中世における伊勢商人の台頭や活躍と無関係ではなかった。中世の伊勢には東国に多数分布する伊勢大神宮領から送進される年貢物の集散や陸揚げを行う大湊など港津が発達し,また畿内と東国を結節する地理的条件に恵まれたため桑名のような自治都市の成立もみられ,多くの廻船業者,問屋が輩出した。…

【十楽】より

…本来は仏語で,極楽浄土で味わえる十種の喜びをいう。鎌倉時代,越前国坪江下郷十楽名,紀伊国阿氐河(あてがわ)荘十楽房,十楽名のように,しばしば仮名(けみよう)・法名として使われた。同様の例として〈一楽名〉も見られるが,このように広く庶民の間で用いられるにつれて,十楽は楽に力点を置いて理解されるようになる。戦国時代,諸国の商人の自由な取引の場となった伊勢の桑名,松坂を〈十楽の津〉〈十楽〉の町といい,関,渡しにおける交通税を免除された商人の集まる市(いち)で,不入権を持ち,地子を免除され,債務や主従の縁の切れるアジールでもあった市を〈楽市〉〈楽市場〉といったように,〈十楽〉〈楽〉は中世における自由を,十分ではないにせよ表現する語となった。…

【三重[県]】より

…近世から続く伊勢いもや伊勢たくあん用のダイコン栽培,戦後の伊勢茶,三重サツキ,洋ラン,ニュー南紀ミカンが県を代表する特産物として知られる。ほかに北勢・中勢地方は鶏卵,豚の特産地指定を受けており,松阪牛,伊賀牛の肥育も盛んである。農畜産物の出荷先は京阪神市場が多く,名古屋市場,東京市場がこれに次いでいる。…

※「松阪[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android