コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正眼寺 しょうげんじ

2件 の用語解説(正眼寺の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょうげんじ【正眼寺】

岐阜県美濃加茂市にある臨済宗妙心寺派の寺。山号は妙法山。開山は関山慧玄宗峰妙超に参禅修行して悟りを得た関山は,その後当地でさらに修行し,花園上皇によって妙心寺開山に招請されるまで隠棲していた。この関山由緒地はその後荒廃し,近世初期に錐翁(すいおう)が復興を行い,領主佐藤吉次の保護で興隆,近世中期には塔頭(たつちゆう)5庵を数えた。近世末に雪潭紹璞(せつたんしようぼく)が専門道場を開設した。〈伊深の鬼叢林〉と称し,厳しい禅の道場として知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

正眼寺
しょうげんじ

岐阜県美濃加茂(みのかも)市伊深(いぶか)町にある臨済(りんざい)宗妙心寺派の別格本山。妙法山(みょうほうざん)と号し、京都妙心寺の奥の院ともいわれる。本尊は釈迦如来(しゃかにょらい)。妙心寺開山となった関山慧玄(かんざんえげん)が1330年(元徳2)に大燈(だいとう)国師より印可を受けたのち、伊深の山に草庵(そうあん)を結び悟後の修行をしたところとして知られ、関山を開山とする。1658年(万治1)関山の霊跡に大極和尚(おしょう)が寺を創建、1671年(寛文11)妙法山正眼寺と号した。1847年(弘化4)雷鳴雪潭(らいめいせったん)とよばれた雪潭紹璞(しょうぼく)が本山の専門道場を開いてから多くの雲水が集まり、代々力量のある師家が出て明治から大正にかけては「天下の鬼叢林(おにそうりん)」といわれた。現在は正眼短期大学を併設している。[菅沼 晃]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

正眼寺の関連情報