コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真っ暗 マックラ

デジタル大辞泉の解説

まっ‐くら【真っ暗】

[名・形動]
まったく暗いこと。また、そのさま。「真っ暗な夜道」「停電で街が真っ暗になる」
まったく見通しがたたず希望のないこと。また、そのさま。「お先真っ暗
真っ黒4」に同じ。
「可愛いとなると舐殺(なめころ)しかねない程―になって可愛がる」〈宮本貧しき人々の群

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まっくら【真っ暗】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
光が全くなく、何も見えない・こと(さま)。 「月もなく-な夜」
将来に全く希望がもてない・こと(さま)。 「お先-」 「先行きが-だ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

真っ暗の関連キーワード鼻を摘まれても分からない網膜中心動脈閉塞症ウェリントン動物園目の前が暗くなるスローシンクロマニニホロ洞窟心の病気の特徴シュリーレン法墨を流したよう目から火が出るタンボラ火山竜巻注意情報行き成り三宝真っ暗がり御先真っ暗硝子体出血如法暗夜岩戸隠れ真っ暗闇日本の諺

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真っ暗の関連情報