臨(漢字)

普及版 字通「臨(漢字)」の解説


常用漢字 17画

[字音] リン
[字訓] のぞむ・みおろす・てらす

[説文解字]
[金文]
[その他]

[字形]
(が)+品(ひん)。臥は人が俯して、下方を遠く臨む形。品は金文字形によると、祝を収めた器の(さい)を列する形。〔説文〕八上に「臨するなり。臥に從ひ、品(ひん)聲」とするが声が合わず、祝に対して上天の霊の監臨することを示す字とみられる。〔詩、大雅、大明〕「上、女(なんぢ)に臨む」、〔大稚、皇矣〕「下に臨むこと赫(かく)たるり」など、みなその意。金文にも〔大盂鼎(だいうてい)〕「故に天、臨(よくりん)す」、〔毛公鼎〕「我がに臨保す」のように用いる。監は鑑(かがみ)に臥して姿をみる意。臨はそのような姿勢で下界に臨むことをいう。下界よりして高く遠く望むことを望という。

[訓義]
1. のぞむ、みおろす、高いところから下方をみる。
2. てらす、おさめる、たもつ。
3. ゆく、およぶ、つく、そのところにのぞむ。
4. まみえる、むかえる、あたる。
5. あててうつす、みてうつす、うつす。
6. とむらう。

[古辞書の訓]
名義抄〕臨 ノゾム・ムカフ・ミル・ナク・カナシブ

[語系]
臨limはおそらく監keam、lietと同系の語であるらしく、みなその場にのぞんでみる意をもつ語である。

[熟語]
臨按臨閲・臨下・臨化・臨会臨監・臨観臨瞰臨機・臨危・臨御臨馭・臨極・臨刑・臨穴・臨月臨検・臨見・臨験・臨行・臨幸・臨高・臨哭・臨察・臨視・臨事・臨時・臨写臨終・臨書・臨照・臨觴臨帖・臨場・臨人・臨水・臨制・臨政臨席・臨絶・臨祚・臨池・臨弔・臨朝・臨眺・臨難・臨年・臨・臨殯・臨風・臨別・臨・臨・臨没・臨本・臨明・臨覧・臨・臨
[下接語]
哀臨・枉臨・下臨・監臨・瞰臨・君臨・顧臨・光臨・幸臨・高臨・降臨・昭臨・照臨・親臨・大臨・駐臨・弔臨・天臨・登臨・発臨・臨・俯臨・撫臨・臨・来臨・

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android