厳粛(読み)ゲンシュク

デジタル大辞泉の解説

[形動][文][ナリ]
おごそかで、心が引き締まるさま。「厳粛な儀式」
まじめで、きびしいさま。真剣なさま。「選挙の結果を厳粛に受けとめる」
重大で動かしがたいさま。「死は厳粛な事実だ」
[派生]げんしゅくさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

形動 [文] ナリ 
おごそかで、心が引き締まるさま。 会場は-な雰囲気につつまれた 式は-にとりおこなわれた
きびしくゆるがせにできないさま。 -な事実
[派生] -さ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動)
① おごそかでつつしみ深いこと。また、そのさま。その場の様子が真剣な雰囲気(ふんいき)であるさまにもいう。
※鹿苑日録‐長享元年(1487)九月一二日「奉征夷大将軍出陳行装〈略〉弓刀厳粛、成列而進」
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉二二「長髪肩に垂れて長け高く、骨格強壮にして風姿厳粛(ゲンシュク)」 〔呂氏春秋‐孟夏紀・尊師〕
② ごまかしやふまじめを許さない、きびしさのあること。また、そのさま。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一一「人生は、端荘厳粛なるものを存せざるべからず」 〔南史‐宋本紀上・武帝〕
[補注]「文明本節用集」には「但以篤信厳粛(ゲンシク)丞相〔朝野僉載〕」とある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

興行収入

観客が興行会社(劇場)に支払う入場料の合計金額を興行収入(興収)といい、この興収の中から、宣伝費などの必要経費と劇場利益を差し引いた金額を興行会社は配給会社に支払う。この配給会社に支払われる金額を配給...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

厳粛の関連情報