コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賦役(西洋) ふえき

百科事典マイペディアの解説

賦役(西洋)【ふえき】

農民が土地領主のために行う無償労役(労働地代)としての賦役は前近代ヨーロッパ社会に広くみられたが,歴史的にはとくに中世封建社会の荘園制のもとでのそれをいう。古典荘園制における領主直営地では賦役が主要な労働源となり,こうした農民はふつう農奴と呼ばれる。
→関連項目グーツヘルシャフトドイツ農民戦争領主裁判権

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android