コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賦役[中国] ふえき[ちゅうごく]fu-yi; fu-i

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

賦役[中国]
ふえき[ちゅうごく]
fu-yi; fu-i

中国の歴代王朝の経済的基礎である租税の二大形態,すなわち田賦 (土地税) と力役をいう。力役だけをさす場合も多く,そのときは徭役 (ようえき) と呼ぶ。徭役とは,王朝が必要とする労働力を強制的に人民に割当てるもの。古くは直接労働に服役させたが,唐代からは物納 (庸) が認められ,貨幣納も行われるようになった。宋代以後はその割当て基準として土地所有高が重視され,明代の一条鞭法ではほとんど銀納化され,清代の地丁銀にいたって田賦のなかに吸収された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android