雲母(読み)うんも(英語表記)mica

翻訳|mica

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雲母(鉱物)
うんも
mica

アルカリおよびアルカリ土類金属、鉄、マグネシウムマンガン、バナジウムなどを主成分とする含水アルミノ珪(けい)酸塩鉱物の一グループ。[松原 聰]

特徴

雲母の一般的特徴として以下の点があげられる。
(1)一方向に完全な劈開(へきかい)があり、薄くはがれやすい。
(2)劈開片は曲げることができ、弾性があってじょうぶである。
(3)また電気や熱の伝導性が低く、高電圧に耐える力をもっている。
 雲母の構造は、ケイ素あるいはアルミニウムを中心にもつ酸素の四面体が結び合ってつくっている層が2枚あり、鉄やマグネシウムを中心にもつ八面体層を挟んだものを基本としている。これらの複合層の間にアルカリ金属やアルカリ土類金属が入っている。このように構造が層状にできているため、完全な劈開がよく発達しているのである。[松原 聰]

種類

国際鉱物学連合(IMA)の取決めで、雲母の分類、種名の整理が行われた。雲母の種類としてよく知られている黒雲母は、独立した種名ではなく、現在では四つの端成分からなる雲母の総称ないしフィールド名である。この黒雲母と白雲母の二つはもっとも多量に産出し、造岩鉱物として重要である。また絹雲母(セリサイト)やイライトのように粘土鉱物として重要なものもある。ほかに日本で産するものに、海緑石、セラドン石、ソーダ雲母、ロスコー雲母、鱗(りん)雲母、チンワルド雲母、益富(ますとみ)雲母、砥部(とべ)雲母、真珠雲母、クリントン雲母、木下(きのした)雲母がある。以上のうち、益富雲母(リチウム、マンガンが主成分)、砥部雲母(アンモニウムが主成分)、木下雲母(バリウム、マグネシウムが主成分)の3種は、日本で最初に発見された鉱物。雲母の学名は、きらきらと輝くという意味のラテン語micareに由来する。[松原 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雲母の関連情報