コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鮨・鮓・寿司 すし

大辞林 第三版の解説

すし【鮨・鮓・寿司】

〔形容詞「酸し」から。「寿司」は当て字〕
酢で味付けをした飯に刺身や卵焼き・海苔のりなどをあしらった食べ物。握り鮨・巻き鮨・押し鮨・散らし鮨など。 [季] 夏。
古くは、魚介類に塩を加えて漬け込み自然発酵させた食品。のちには発酵を早めるため、飯とともに漬けるようになった。なれずし。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鮨・鮓・寿司の関連キーワード散らし鮨なれずし当て字形容詞押し鮨巻き鮨握り鮨