鳥羽(市)(読み)とば

  • 鳥羽

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三重県中東部、志摩半島の北東端にある市。1954年(昭和29)鳥羽町と加茂、長岡、鏡浦、桃取(ももとり)、答志(とうし)、菅島(すがしま)、神島(かみじま)の7村が合併して市制施行。市名は古名の泊浦(とまのうら)がなまったとする説もあるが、鳥羽となったのは戦国時代以降で詳細は不明。鳥羽湾に注ぐ加茂川流域と多くの離島を市域とするが、全域紀伊山地の延長の丘陵性山地で平地に乏しい。伊勢(いせ)湾口に列状に愛知県渥美(あつみ)半島に向けて並ぶ答志島、菅島、神島などはこの山地の延長である。全体が沈水地形のため海岸は典型的なリアス式で、鳥羽湾、生浦(おうのうら)湾、的矢(まとや)湾など大小の湾入をつくり、それぞれに漁村が立地している。中心市街の鳥羽も鳥羽湾に臨む狭い平地に発達している。国道42号、167号が通じ、JR参宮線の終点のほか、近畿日本鉄道鳥羽線、志摩線が名古屋、大阪と直結し、志摩観光の玄関口となっている。伊勢志摩スカイラインとパールロードの起点であり、海上ではフェリーが伊良湖(いらご)岬へ定期就航している。古くから熊野灘(なだ)と遠州灘の間の避難港、風待ち港として繁栄した。1569年(永禄12)には九鬼嘉隆(くきよしたか)が鳥羽城を築いて九鬼水軍の本拠とした。江戸時代は鳥羽藩の城下町、また志摩第一の港であった。造船、電機の工場もあるが、主産業は観光と水産業。伊勢エビ、真珠、ハマチ、カキ、ノリ、ワカメの養殖が盛んで、アワビ、サザエをとる海女(あま)漁業も残存する。真珠博物館、鳥羽水族館、海の博物館、イルカ島海洋遊園地など観光施設も多い。庫蔵寺(こぞうじ)本堂と鎮守堂は国の重要文化財、同寺のコツブガヤは国の天然記念物に指定されている。河内(こうち)・松尾地区に残る志摩(しま)加茂五郷の盆祭行事(火柱祭り)は国指定重要無形民俗文化財。面積107.34平方キロメートル、人口1万9448(2015)。

[伊藤達雄]

『小久保栄一著『鳥羽の歴史』(1969・三重出版商事)』『『鳥羽市史』全2冊(1991・鳥羽市)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳥羽(市)の関連情報