黄泉の客(読み)こうせんのきゃく

精選版 日本国語大辞典「黄泉の客」の解説

こうせん【黄泉】 の=客(きゃく・かく)[=旅人(たびびと)

黄泉へ旅立った人。死んだ人。
※歌舞伎・名歌徳三舛玉垣(1801)四立「ひとたび黄泉(クヮウセン)の客(カク)となって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「黄泉の客」の解説

こうせん‐の‐きゃく〔クワウセン‐〕【黄泉の客】

黄泉へ旅立った人。死んだ人。
[類語]死ぬ死する没するめいする事切れる身罷みまか先立つ旅立つ絶命する絶息する永眠する息を引き取る冷たくなるえなくなる世を去る帰らぬ人となる不帰の客となる死出の旅に出る亡き数に入る鬼籍に入る幽明さかいことにする命を落とす亡くなる果てる眠るたおれる死去する死亡する死没する物故する瞑目めいもくする逝去せいきょする長逝ちょうせいする永逝えいせいする他界する昇天する往生おうじょうする落命する急逝きゅうせいする急死する頓死とんしする横死する憤死する夭折ようせつする夭逝ようせいする人死に物化まかくたばる絶え入る消え入るはかなくなる絶え果てる空しくなる仏になる朽ち果てる失命夭死臨終ぽっくりころり突然死即死

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android