事切れる(読み)コトキレル

デジタル大辞泉の解説

こと‐き・れる【事切れる】

[動ラ下一][文]ことき・る[ラ下二]
息が絶える。死ぬ。「救急車が来たときにはすでに―・れていた」
事が終わる。落着する。
「疾(とく)してあはれ―・れよかし」〈平治・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こときれる【事切れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 ことき・る
生命が絶える。死ぬ。 「何か言い掛けて-・れた」
事が終わる。きまりがついて終わる。 「理非顕然たりといへども、権門を憚り-・れざるの由/御成敗式目追加」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

事切れるの関連情報