コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旅立つ タビダツ

デジタル大辞泉の解説

たび‐だ・つ【旅立つ】

[動タ五(四)]

㋐旅に出る。かどでをする。「北海道へ―・つ」
㋑新しい生活に向けて出発する。かどでをする。「社会人として人生に―・つ」
亡くなる。死ぬ。「天国へ―・つ」
旅先にいる。旅に出ている。
「―・ちたる所にて下衆どもざれゐたる」〈・九六〉
旅人らしいようすである。旅先のようである。
「中にたてる人も―・ちて狩衣なり」〈かげろふ・上〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たびだつ【旅立つ】

( 動五[四] )
旅に出発する。 「アメリカに-・つ」
(比喩的に)あの世に行く。死ぬ。 「未明に-・った」
自分の家を離れている。よそに泊まる。 「 - ・ちたる所にて、下衆どもざれゐたる/枕草子 96
旅先らしい様子である。 「なかにたてる人も、-・ちて狩衣なり/蜻蛉
[可能] たびだてる

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

旅立つの関連キーワード遣り過ごす・遣り過すロミオとジュリエットボンボワイヤージュ立ち行く・立行く宇宙戦艦ヤマトカイザーリングボワイヤージュ立ち前・立前名残を惜しむ補陀洛山寺途に就く鹿島立ち妖精事件餞・餞別牙の血族鹿島信仰手向ける一路平安柳を折る餞する

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旅立つの関連情報