眠る/睡る(読み)ネブル

デジタル大辞泉の解説

ねぶ・る【眠る/睡る】

[動ラ五(四)]ねむる」に同じ。
「怒りの疲労(つかれ)に漸(ようや)く夜も―・るを得にき」〈蘆花不如帰
「眼を―・って運を天に任せて居た」〈漱石吾輩は猫である

ねむ・る【眠る/睡る】

[動ラ五(四)]《古くは「ねぶる」》
心身の動きが一時的に低下し、目を閉じて無意識の状態になる。「すやすやと―・る」
一時的に活動をやめた状態になる。利用されない状態のままである。「草木も―・る丑(うし)三つ時」「地下に―・る資源」
死ぬ。永眠する。「草葉の陰で―・っている」
まぶたを閉じる。目をつぶる。
「目を―・って、何度もこの歌をうたう」〈芥川・偸盗〉
[可能]ねむれる
[用法]ねむる・ねる――「毎晩、よく眠る(る)」「ぐっすり眠った(寝た)」のように心身の働きが低下して意識的な活動がない状態をいうときには、相通じて用いられる。◇「眠る」は、体が眠った状態にあることに重点があり、必ずしも横になることを意味しない。「居眠り」のようにすわった状態でも立ったままでもよい。◇「寝る」は、「さあ、寝るか」「もう寝る時間ですよ」のように横になって眠る意がある。また、今眠っていなくても眠る習慣がある場合にも使う。「寝る子は育つ」「どこででもよく寝るなあ」◇「深い眠りから覚める」のように、「眠る」に対しては「覚める」が、また「治ってきたが、まだ寝たり起きたりだ」のように「寝る」に対しては「起きる」が対応する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ねぶる【眠る】

( 動四 )
ねむる」に同じ。 「夜居にさぶらひて-・りたる/源氏 総角
ねむる」に同じ。 「さばかり語らひつるが、さすがに覚えて-・りをり/竹取」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ねむれ‐る【眠る】

〘連語〙 (動詞「ねむる(眠)」の命令形に完了の助動詞「り」の連体形が接続したもの) 眠っている。「眠れる獅子(しし)
葬列(1906)〈石川啄木〉「嘗ては『眠れる都会』などと時々土地(ところ)の新聞に罵られた盛岡も」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android