コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

罷る マカル

デジタル大辞泉の解説

まか・る【罷る】

[動ラ四]《「ま(任)く」に対し、支配者の命によって行動するのが原義
命じられて、都から地方へ行く。
「我が背子しけだし―・らば白たへの袖を振らさね見つつ偲(しの)はむ」〈・三七二五〉
お許しをいただいて、貴人のもとから、退去する。
「さて我は最早(もはや)―・るべきが、いずくよりか出ずべき」〈鴎外訳・即興詩人
「憶良らは今は―・らむ」〈・三三七〉
《去ってあの世へ行く意から》「死ぬ」の謙譲語。みまかる。
「―・るにおよんで気(いき)絶ゆる際」〈神代紀・上〉
(平安時代以降、勅撰集などの詞書や改まった気持ちの会話・消息に用いる)主として話し手側の「行く」のを、聞き手に対してかしこまり丁重に言う。まいります。⇔詣(もう)で来(く)
「人のもとに―・れりける夜」〈古今・秋上・詞書〉
「久しく(女ノモトヘ)―・らざりしころ」〈帚木
他の動詞の上に付いて複合語をつくる。
㋐《お許しを得て行動する気持ちから》謙譲・丁重の意を表す。「―・り越す」「―・り出る」
㋑《御免をこうむって勝手にやらせてもらう気持ちから》その動詞の表す動作・作用を強める意を表す。「―・り通る」「―・り間違う」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まかる【罷る】

( 動四 )
朝廷などの意向を受けて、地方または他所へ行く。 「勅旨おおみこと戴き持ちて唐もろこしの遠き境に遣はされ-・りいませ/万葉集 894
許可を得て、宮廷または貴人の所から離れる。退出させていただく。おいとまをいただく。 「憶良らは今は-・らむ子泣くらむそれその母も我を待つらむそ/万葉集 337
「行く」の謙譲語。貴所から他所へ、また、都から地方へ行く。 「人のもとに-・れりける夜/古今 秋上詞」 「雁の声を聞きて、越こしに-・りける人を思ひてよめる/古今 春上訓
「行く」の丁寧語。参る。 「花見に-・れりけるに、早く散過にければ/徒然 137
「死ぬ」の謙譲語。 「身-・る」 「妾-・るといふとも/日本書紀 垂仁訓
他の動詞の上に付いて、
謙譲・丁寧の意を表す。 「 - ・り出づ」 「 - ・り越す」
意味を強める。 「 - ・り通る」 「 - ・り間違う」 〔「任く」に対する自動詞〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

罷るの関連キーワード此処・此所・是・爰・茲平田篤胤複合語貴人陳状此処罷り

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android