コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒川[温泉] くろかわ

2件 の用語解説(黒川[温泉]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

黒川[温泉]【くろかわ】

熊本県阿蘇郡南小国町,九重山西麓にある国民保養温泉。含食塩硫黄泉。47〜96℃。療養向きのひなびた温泉であったが,九州横断道路開通後発展。豊肥本線豊後竹田町からバスが通じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くろかわ【黒川[温泉]】

熊本県北部,阿蘇郡南小国町にある温泉。九重(くじゆう)山(久住山)西麓の瀬ノ本高原の西方約5kmに位置し,筑後川の上流田原川沿いの溶岩の裂け目や河床から湯が豊富に湧出している。食塩泉,硫黄泉,47~96℃。外傷に特効がある湯として知られる。1964年九州横断道路(やまなみハイウェー)が開通してから近代的な旅館がふえたが,地蔵湯,薬師湯などには古くから湯治場として利用されてきたなごりがある。【岩本 政教】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone