黒川[温泉](読み)くろかわ

百科事典マイペディアの解説

黒川[温泉]【くろかわ】

熊本県阿蘇郡南小国町,九重山西麓にある国民保養温泉。含食塩硫黄泉。47〜96℃。療養向きのひなびた温泉であったが,九州横断道路開通後発展。豊肥本線豊後竹田町からバスが通じる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くろかわ【黒川[温泉]】

熊本県北部,阿蘇郡南小国町にある温泉。九重(くじゆう)山(久住山)西麓の瀬ノ本高原の西方約5kmに位置し,筑後川の上流田原川沿いの溶岩の裂け目や河床から湯が豊富に湧出している。食塩泉,硫黄泉,47~96℃。外傷に特効がある湯として知られる。1964年九州横断道路(やまなみハイウェー)が開通してから近代的な旅館がふえたが,地蔵湯,薬師湯などには古くから湯治場として利用されてきたなごりがある。【岩本 政教

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android