コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

きゅうきゅう(読み)キュウキュウ

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐きゅう

[副](スル)
物がこすれたり、押しつけられたりして鳴る音を表す語。「靴がきゅうきゅう(と)鳴る」
物をいっぱいに詰め込んだり押し込んだりするさま。「引き出しにきゅうきゅう(と)詰め込む」
経済的に余裕がないさま。「金がなくていつもきゅうきゅう(と)している」
ひどい目にあって苦しむさま。「仕事に追われてきゅうきゅう言っている」
[形動]
2に同じ。「客をきゅうきゅうに詰め込む」
3に同じ。「きゅうきゅうの生活」
[アクセント]キューキュー、はキューキュー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きゅうきゅう

[1] ( 副 ) スル
こすれたり、きしんだりする音を表す語。 「革靴が-(と)鳴る」
ゆとりがないほど、押したり詰め込んだりするさま。 「小さな箱に-(と)詰め込む」
貧乏で、生活に余裕のないさま。 「 -(と)しながら暮らす」
精神的・肉体的にひどい目にあい苦しんでいるさま。 「締め切りに追われて-言っている」
[0] ( 形動 )
に同じ。 「バッグに-に詰める」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

きゅうきゅうの関連情報