ぱちり(読み)パチリ

デジタル大辞泉の解説

ぱちり

[副]
固い物が強く当たってたてる音を表す語。ぱちん。「ぱちりと留め金をかける」「ぱちりと碁石を置く」
カメラのシャッターを切る音を表す語。また、写真を撮るさま。「事故の現場をぱちりとカメラに収める」
ぱっちり」に同じ。「目をぱちりと開く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぱちり

( 副 )
小さくてかたい物が当たって発する音を表す語。 「 -と碁石を打つ」 「 -とシャッターを切る」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぱちり

〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 硬いものが発する鋭く小さい音を表わすぱちん
※俳諧・文化句帖‐元年(1804)九月「豆殻のぱちりぱちりと野分哉」
② 閉じ口が大きく開くさま、特に、目をあけるさまを表わす語。ぱっちり。
※波の音(1907)〈国木田独歩〉二「眼のパチリとした可愛い娘(こ)
カメラシャッターを切る音を表わす語。〔フィルム写真術(1920)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぱちりの関連情報