コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

がらり ガラリ

4件 の用語解説(がらりの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

がらり

[副]
引き戸などを勢いよく開ける音を表す語。「ガラス戸をがらりと開ける」
堅い物がぶつかり合って立てる大きい音を表す語。「重ねた木箱ががらりと崩れた」
事態が急激に、すっかり変わるさま。「人柄ががらりと変わる」
[名]がらり板(羽板)を取り付けた窓や扉。

がらり

[副]
残らず。そっくり。
「山城屋といふくつわへ…命―に身を売りて」〈浄・淀鯉〉
即座に。すぐさま。
「それ縛れと言ふや否や、―後ろ手三寸縄」〈浄・兜軍記
[名]給料などを前もって全額渡すこと。前払い。
「こなたは乳ぶくろもよいによって、―に八十五匁」〈浮・胸算用・三〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

がらり

( 副 )
そっくりそのまま。すべて。 「命-に身をうりて/浄瑠璃・淀鯉
すぐに。直ちに。 「それ縛れといふや否や-後手うしろで三寸縄/浄瑠璃・壇浦兜軍記」
( 名 )
給金など全額をそっくり前払いすること。 「こなたは乳ふくろもよいによつて-に八十五匁/浮世草子・胸算用 3

がらり

( 副 )
〔「からり」よりも重い感じを与える〕 (多く「と」を伴って)
乱暴に戸・障子などを引き開けるさま。 「戸を-と開ける」
堅い物が触れたり、落ちたりした時の音を表す語。 「石垣が-とくずれる」
すっかり変わるさま。 「態度が-と変わる」
( 名 )
がらり板を取り付けた窓や戸。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がらりの関連キーワード一・壱一・壱・壹逸・一・佚・溢・逸一再恭敬車乗小雑色一、二、三─死一色町一本木

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

がらりの関連情報