コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぴしっと(読み)ピシット

デジタル大辞泉の解説

ぴしっ‐と

[副]
むちで勢いよく打ったり、ふすま・障子などを強く閉めたり、ガラスなどに亀裂が走ったりするさま。また、そのようにして鋭く音を立てるさま。ぴしりと。「むちをぴしっと鳴らす」「湖面の氷がぴしっと割れる」
容赦のない鋭い調子で物事をするさま。ぴしりと。「要求をぴしっとはねつける」
いい加減なところがないさま。すきがないさま。「ズボンにアイロンをぴしっとかける」「計算がぴしっと合う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぴしっと

( 副 ) スル
むちや棒などで勢いよく打ったり、物が割れたりするさま。また、その時に出る鋭い音を表す語。 「 -むちで打つ」 「ガラスに-ひびがはいる」
きちんとととのっているさま。 「 -した服装」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぴしっとの関連情報