コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンセンサス consensus

翻訳|consensus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンセンサス
consensus

人々がコミュニケーションを媒介してある命題を相互承認すること。意見または判断の一致を表わす英語にはコンセンサスとコンセント consentがあるが,前者は一般に合意,後者は同意と訳される。単なる多数決投票の結果や契約書への調印といった現象を通常は同意と呼び,コミュニケーション過程と相互了承を伴う合意とは必ずしも同じ意味ではない。近代の社会契約論は,国家や社会の設立や存続とに関してのコンセンサスの理論でもある。利害調整や対立意見の説得を通じてコンセンサスを拡大する政治手法をコンセンサス・ポリティックスと呼ぶこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

コンセンサス(consensus)

意見の一致。合意。「社内のコンセンサスを得る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

コンセンサス【consensus】

政治に対する認知や態度の基本的な点に関して,人々の間に高度の合意が存在することをいう。価値と利害の多元性を前提とする社会では,人々の間に多様な対立が存在するのが常態である。こうした対立を調整して社会の秩序を安定させることが,政治の機能の一つであるが,調整が効果的に行われるためには,人々の間にある程度の意見の一致がみられることが必要である。もちろん,こうした一致が対立や紛争を生み出している個々の争点に関して存在する必要はない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

コンセンサス【consensus】

意見の一致。合意。 「国民の-を得る」 「ナショナル--」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コンセンサス
こんせんさす
consensus

重要問題(外交政策、憲法体系、基幹経済政策など)や、社会の基本的価値に関する広範な同意・受容をいう。システムの目標・目的、目標達成手段・方法、意思決定装置の構成、紛争処理技法・手続、意思決定者の補充方法などに関する広大なコンセンサスの存在は、社会的凝集力を強化・促進する統合力となるが、妥協の精神、限りあるものを分かち合う精神がメンバーやリーダーに備わっていなければ、その形成・維持は困難である。またある程度の社会的同質性が不可欠となる。コンセンサス範域が大きいシステムでは、同意の調達、複合的多数派の形成が容易で、分裂力を極小化するので政治的安定が現出しやすい。逆にディセンサスは対決型政治を助長する。[岡沢憲芙]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コンセンサスの関連キーワードワシントン・コンセンサス(Washington consensus)国連安保理常任理事国入り問題諸国間の友好関係に関する宣言アジア太平洋経済社会委員会KPI(重要業績達成指標)コンセンサス・デモクラシーワシントン・コンセンサスESPフォーキャスト調査ダイムラー・クライスラーNATO・ロシア理事会WTOの紛争解決手続き知財立国への最新潮流移住労働者の権利条約ロードプライシング92年コンセンサスゲルト デュデックファシリテーションDOCOMOMO国連資源特別総会経営力評価モデル

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コンセンサスの関連情報