コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンゴ(珊瑚) サンゴ

2件 の用語解説(サンゴ(珊瑚)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

サンゴ(珊瑚)【サンゴ】

腔腸(こうちょう)動物花虫類のうち,石灰質の骨格をつくる種類の総称。現生のものは八放サンゴ類六放サンゴ類に分けられる。八放サンゴポリプは8個の触手と隔膜とを特徴とし,円筒形,共肉内に埋まって群体を形成する。
→関連項目腔腸動物誕生石宝石

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サンゴ【サンゴ(珊瑚) coral】

花虫綱八放サンゴ亜綱サンゴ科Coralliidaeに属する腔腸動物の総称。広義には六放サンゴ亜綱イシサンゴ類やツノサンゴ類,ヒドロ虫綱のギサンゴ類などが含まれる。広義のサンゴは一般に暖海に産するが,アカサンゴやモモイロサンゴなどのいわゆる〈本サンゴ〉は水深200m内外の海底に着生し,イシサンゴ類は水深10mくらいまでの浅海に広がっている。 八放(八射)サンゴ類にはクダサンゴウミトサカ,アカサンゴ,イソバナヤギウミエラなどが含まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone