コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンゴ(珊瑚) サンゴ

百科事典マイペディアの解説

サンゴ(珊瑚)【サンゴ】

腔腸(こうちょう)動物花虫類のうち,石灰質の骨格をつくる種類の総称。現生のものは八放サンゴ類,六放サンゴ類に分けられる。八放サンゴのポリプは8個の触手と隔膜とを特徴とし,円筒形,共肉内に埋まって群体を形成する。ポリプの口の下には胃と体腔の分化しない腔腸があり,口は排出腔としても働く。受精は普通海水中で行われ,受精卵は浮遊性のプラヌラ幼生を経て着生生活に入り,この後は芽生によって成長。装飾品として珍重される珊瑚は群体の分泌した石灰質の骨格である。アカサンゴ,モモイロサンゴ,シロサンゴが知られ,日本付近では四国沖,九州西部,小笠原〜台湾の数十〜数百mの海底の岩石等に着生。サンゴ網で採取され,首飾,帯留などに利用される。六放サンゴは6ないしその倍数の触手,隔膜をもつのが特徴。サンゴ礁を形成するイシサンゴはこれに含まれ,一般に暖海の浅海底にすみ,種類が多い。また群体を作らない深海性の種類も知られる。サンゴ類はオルドビス紀以来地質時代に広く存在し,示準化石として重要なものも多い。
→関連項目腔腸動物誕生石宝石

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サンゴ【サンゴ(珊瑚) coral】

花虫綱八放サンゴ亜綱サンゴ科Coralliidaeに属する腔腸動物の総称。広義には六放サンゴ亜綱のイシサンゴ類やツノサンゴ類,ヒドロ虫綱のギサンゴ類などが含まれる。広義のサンゴは一般に暖海に産するが,アカサンゴやモモイロサンゴなどのいわゆる〈本サンゴ〉は水深200m内外の海底に着生し,イシサンゴ類は水深10mくらいまでの浅海に広がっている。 八放(八射)サンゴ類にはクダサンゴウミトサカ,アカサンゴ,イソバナヤギウミエラなどが含まれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

サンゴ(珊瑚)の関連キーワードグレート・バリア・リーフ同音語のアクセントサンゴ(珊瑚)礁レンネル[島]よさこい節宝石サンゴ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android